入間の出会いを盛り上げてくれる
0

    (木村はシニアのお尻穴になめられながら野獣に惑わされる)
    獣「木村は気分がいい?」
    木村「強い気…」
    (突然体位を変え、にきびのある木村に獣を盛り上げてお尻をなめる、三浦は木村のお尻をなめる)
    野獣「ああ先輩新座の出会いはボールを舐めましたが、好きではありませんでした」
    獣「どうして卑劣な気分が舐められていると感じているのですか。……君が他の誰かに舐められていると思っているのは何ですか。」
    ビースト「私を殴らないで…先輩私はあなたを次回舐めます。(再び大きな先輩に立ちます)」
    (入間の出会いは獣たちが自分たちのナニをなめるために立ち上がる。神秘的なサイレンのような楽器のような音はこの頃に響く)
    三浦「うーん…」
    ビースト「私の先輩が上昇しています、挿入してください!」
    三浦「ああ、そうなんですか……ええ、きみ!」

    入間出会い
    ビースト "ハイ"


    三浦:オーケー!はい!私は強打するつもりだ!
    獣 "おお、どうぞ!
    (獣、倒して挿入する)
    ビースト「ああ、ゆっくり先輩をどうぞ…」
    ビースト「ああ、いい気分だよ...あなたは良い年功を感じていますか?」
    三浦「おお……」
    (体位の変更、高齢者の汚れた汚れ物はしばらく続きます)
    三浦「ねえ、入間の出会い。見ずにここに来て、あなたも入れよう」
    (大阪を見ながら木村は獣の穴に入った)
    三浦「お元気ですか、木村。元気?」
    木村:気持ちいいですね…。

     

    Comment:
    Add a comment:









    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    ENTRY(latest 5)
    ARCHIVES
    CATEGORY
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.